2011年12月28日水曜日

さよなら

それほど高いモノではないのだが、16年ほど使ってきたセイコーのクロノグラフ。
これまでにも2度ほど浸水があって、その都度オーバーホールをしてもらっていた。
電池交換でセイコーに預けたところ、内部機械体に腐蝕ありとの連絡があった。
防水性能の完全回復のためにはケースの交換も必要なんだそうで、3万円を超える費用がかかってしまうとのこと。
断腸の思いで修理のキャンセルをしたので手元に返送されてきた。
とっても丁寧な包装をしてもらって返ってきたのだが、この時計はもう動かない。(ToT)
寂しいなぁ。

1 件のコメント:

緋真 さんのコメント...

今はもう動かない時計なんですね…。そういうのは結構寂しいですな。
時計だと尚更・・・><