2016年12月31日土曜日

年越しそば

恒例のそば打ち。

かまくら屋の粉は地元安曇野産でmarble的には高評価。

3回打って、一つは妹の嫁ぎ先へお届け。 

久し振りに打ったけど、まぁまぁの出来。
(^^ゞ

2016年12月21日水曜日

潮騒のマニア 法医昆虫学捜査官

川瀬七緒。

シリーズ第四弾にて最新作。

小さな離島でミイラ化した若い女性の遺体が発見された。
解剖医は首吊り自殺で死後3ヶ月以上との見解を示したが、法医昆虫学者の赤堀は、遺体に昆虫相が無いことに目を留めた。

警視庁の岩楯との掛け合いも定着し安定のシリーズ化。
(^-^)

2016年12月10日土曜日

CooperVision

久し振りにコンタクトレンズを購入。

メイドインUSAのCooperVision社製。

左目用は別銘柄に変更してプロクリアワンデーをチョイス、より潤い感を狙ってみた。

右目用は乱視矯正用で新しいものが無かったのでワンデーアクエアトーリックで据え置き。

まぁ、取り立てていうこともありませんが、店は混んでいた。
(-_-;)

2016年12月8日木曜日

雪煙チェイス

東野圭吾。

書き下ろし最新作。

おそらく東野の趣味であるスノーボードに端を発する、シリーズ最新作。

ドラマ化された白銀ジャック、絶賛上映中の疾風ロンド、スピンオフ風の恋のゴンドラ。

国内屈指の壮大なゲレンデを舞台に、エンターテナー東野が刻むシュプール。

こんなブログで稚拙な紹介をしてはならぬと心得てはいるため、コメントは控えるが、シリーズ物の楽しみも散りばめられており、納得の仕上がり。
(^-^)

2016年12月1日木曜日

火災調査官

福田和代。

新刊のため帯から引用。

火災調査官とは、火災の原因を調べる消防職員のことである。
東京消防庁本部予防部調査課に勤める東は、有能な火災調査官だが、実は内心火に魅せられている。
ある日彼は、目黒区柿の木坂の空き家で起きた放火の現場に向かう。
消火活動にあたったのは、東の高校時代の先輩であり、現在は目黒消防署八雲出張所のポンプ車小隊長を務める白木。
そこで東は、犯人の遺留物と思しき、ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」の一部を模写した絵を見せられる。
そしてその事件を皮切りに、都内で放火事件が頻発。
現場にはなぜか同じ絵が残されていた…

福田らしい圧倒的な描写力。
(^-^*)

2016年11月14日月曜日

恋のゴンドラ

東野圭吾。

息抜きかなぁ(笑)。

いやぁ、短編の連作で、冬山に青春をかける若者たちを自由なタッチで描き出す東野の筆力とありありな伏線は絶対作戦だろうと疑いたくもなる。

いろいろ言いたくないけど、一瞬で読んだらメッチャ面白い。
時間をかけるなら、神髄を堪能せよ。
読者の力量を試しているのかもね(笑)
(^^)

2016年11月5日土曜日

ヒポクラテスの誓い

中山七里。

北川景子主演でWOWOWの連続ドラマとして放映中の同名原作。

全5話、1話完結型の短編連作。

浦和医大法医学教室へ配属された研修医の栂野真琴は、法医学の天才と称されながらも異端児扱いされる光崎教授と、光崎に陶酔する准教授のキャシー、埼玉県警捜査一課の古手川巡査部長とともに、一見事件性のない遺体の解剖に臨む。

物言わぬ遺体が最期に伝えたかった嘘偽りのない言葉を拾う解剖医の活躍を描く医療ミステリー。

短編毎のバラエティーに富んだストーリーと連作故の結末までの伏線が秀逸。

続編の「ヒポクラテスの憂鬱」も購入済みなので楽しみ。
(^-^*)

2016年10月31日月曜日

2016年10月25日火曜日

キャリア警部・道定聡の苦悩

五十嵐貴久。

東大卒のキャリアとして県警への出向中に部下が犯した汚職収賄事件の責任を取らされた道定警部は、自宅待機の末警視庁捜査一課へ配属され、全く経験のない殺人捜査の任務に就くことに。

相棒となる山口ヒカルはプロポーション抜群の上凄まじい美人なのだが、仕事はしない、ワガママ放題、大食漢で、4年間でパートナーは9人も代わっているという。

容姿は全く冴えないド素人刑事の道定と問題刑事ヒカルのコンビに事件現場への臨場命令が下る。

不可解な事件ばかりを相手に凸凹コンビはどう対処するのか。

まあ、楽しく読める。
(^^)

2016年10月20日木曜日

セレモニー黒真珠

宮木あや子。

石原さとみ主演で絶賛放送中の校閲ガールの作者が、葬儀社で働く若者たちの機微を描く。

齢29歳の笹島由布子は、ブライダル業界から転職し一生に一度の葬儀をしめやかに執り行うベテラン社員。

そんな由布子にプロポーズをするのは、幼い頃から葬儀屋に憧れ続けたイケメンの木島。

そして派遣社員の妹尾は、木島の事が好きだという複雑な関係。

それぞれの悩みも複雑極まりない彼らの日常と人の人生の複雑さ。

軽やかさと重たさが同居する宮木ワールド。
(^^)

2016年10月16日日曜日

マル暴甘糟

今野敏。

シリーズ第一弾。

北綾瀬署刑事組織犯罪対策課組織犯罪対策係、通称マル暴刑事の甘糟巡査部長。

なぜ自分がマル暴の刑事として配属されたのか不思議に思いながら、先輩刑事の群原に鍛えられ続ける日々を送る。

管内で発生した多嘉原連合構成員の撲殺事件に臨場した甘糟は、特捜本部に参加する事になり、捜査一課の刑事とペアを組むのだが、群原の指示の下、特捜の指示を無視した捜査を進める。

童顔で何かとナメられる甘糟なのだが、関係するヤクザや仲間たちは、彼の思いとは裏腹に一目置いているのだった。

ソフトタッチな警察小説。
(^^)

2016年10月15日土曜日

臥龍

今野敏。

横浜みなとみらい署暴対係シリーズ第四弾。

ハマの用心棒と呼ばれる諸橋と陽気な相棒の城島。

師走の街で起きた些細な喧嘩は、ハマを揺るがしかねない大事の前触れだった。

暴力団を深く憎む諸橋、昔気質のヤクザ神風会組長の神野、中華街の顔効き陳。

立場も違う、相容れない彼らが望む街の平穏とその守り方。

自らの正義を貫く諸橋と組織の不正を許さない監察官の笹本、彼らにもそれぞれのやり方があった。

安定の今野。
(^^*)

2016年10月9日日曜日

高校生レストラン

3年ぶりの高校生レストラン。

今年は三男坊が参加しているので、親戚も含めて8名で予約し、ひやかしに。

メニューはご覧のとおりでお味の方もお店レベル。

1,500円でお腹も満足。
(*´∀`)

2016年9月24日土曜日

危険なビーナス

東野圭吾。

書き下ろし最新作。

町の動物病院で院長代理として働く獣医の伯郎には、父親違いの弟がいた。

伯郎の父は病気を患い他界。その後母の再婚相手である矢神との間に産まれたのが弟の明人だった。

母は伯郎が大学生の時に実家の風呂場で溺れ事故死として片付けられた。

矢神の籍に入らず矢神家とは疎遠だった伯郎の前に、明人の妻だと名乗る魅力的な女性、楓が現れる。

明人の失踪と矢神家の遺産相続問題に巻き込まれることになった伯郎は、楓に協力しているうちに彼女に惹かれていく。

義父である矢神が研究していたとされる後天性サヴァン症候群と父の遺作となった不思議な絵の謎が絡み合う中、伯郎と楓は隠された真実の扉を開ける。

東野、ハズレなし。(^-^*)

2016年9月8日木曜日

生還せよ

福田和代。

国際謀略シリーズ第三弾。

航空自衛隊所属三等空佐の安濃は内閣府に出向しシンガポールの地を踏んでいた。

表向きは戦後のこの地における遺骨収集対策を行う役回りなのだが、その実態は海外での諜報活動を任務とする特殊編成要員であった。

複雑な経歴を持つ安濃とパートナーの泊里。

初めての任務に臨む彼らにはあまりにも過酷な試練が待っていた。

最近の国際的な話題や最新テクノロジーを織り交ぜ、リアリティ溢れる緻密な進行は福田の得意とする分野。

次作への期待を高める伏線にはファンならずとも引き込まれたくなる。
(^^)

2016年8月28日日曜日

ローズマリーその後

挿し木をして3ヶ月。

育ちの良かった2本はスクスクと伸びてきた。
残りの2本もそれなりになっているので頃合いをみて移し替えようか。

2016年8月27日土曜日

常念岳

北アルプス3山目は常念岳2,857mに挑戦。

連日の睡眠不足はあったものの、この日しか予定がつかなかったため8月26日、27日の一泊二日でゆるい登山計画を作成。

5時前には自宅を出発しコンビニで食料を補給。朝焼けに姿を見せた常念岳を目指す。


駐車場に車を停め道路を歩いて登山口まで。登山計画書をポストに入れたらようやく出発は6時。



要所と時間をピックアップ


山の神。6時20分。

古池。6時35分

大滝ベンチ。7時12分


笠原沢。8時25分。

胸突八丁。9時18分。
 階段で一気に標高を稼ぐ。

谷合の沢が流れる風景もいい感じ。

最終水場9時57分。

第1ベンチ。10時15分。


第2ベンチ。10時32分。


第3ベンチ。10時47分。

左手に常念岳を眺めつつ常念乗越へ。11時4分。


本日のお宿。常念小屋にチェックインしたらしばし休憩。軽く昼食をとったら、山頂を目指します。11時45分出発。


稜線では西から東へ風が吹くようで、立木はこんな感じで横倒し。

三股への分岐点。13時。

この岩を超えたら・・・

常念岳山頂。13時17分。

山頂からのパノラマ。

大天井の方向を望む。下に見える赤い屋根が常念小屋。

15時には小屋へ戻り、平日ならではの穏やかな小屋の雰囲気の中、リゾート気分を満喫。
下界から持ち上げた飲物では当然足りず・・・


17時30分からの夕食はこんな感じできちんとしている。ごはんのおかわりも自由。

夕方から降り出した雨は止む気配がなく、8時頃までベテラン登山者や山ガールたちと談話室で時間を過ごしてから就寝。寝具も一人一組でゆったりなので快適快適。
耳栓をセットしすぐに爆睡も、夜中に暑くて目が覚め結局上着を脱いだ。

明けて27日は残念ながら雨がシトシト。
毎度のことながら、両膝をがっちりテーピングで固めたら7時に下山開始。
膝の痛みも少しで済んで、10時には無事に下山。

昨年購入したAKUのブーツも快適で、今シーズンはもう一山行ってもいいかも。

2016年8月16日火曜日

遊園地に行こう!

真保裕一。

「行こう!」シリーズ最新作。

古きよき時代の遊園地ファンタシアパーク。
時代の流れで一度は閉園の危機を迎えたこの夢の国は、一人の辣腕家により奇跡の復活を遂げる。

パークを支えるスタッフの大半はアルバイトなのだが勤めるスタッフたちの士気と誇りは高く、アルバイトの募集には大勢の信者が詰めかける。

ある思いを持ちパークで働き出した亮輔は、ファンタシアの魔女と呼ばれるベテランパルの指導を受けながら、早くも新人王と噂されインフォメーションカウンターの顔になる。

パークで起こる日常のこもごもや不穏な放火騒ぎ。

亮輔はファンタシアの魔女やパークを愛するスタッフたちと共に今日もマシュマロスマイルでパッセンジャーを出迎える。

3作目も痛快。
(^^*)

2016年8月12日金曜日

トマト

本日は朝からジュース用トマトの収穫。
3トンちょっとを出荷し、合間に自宅用に20キロほどを持ち帰る。

キレイに洗って湯むきをしてヘタをくり抜いたらひたすら荒みじん。

大鍋2つを火にかけ、アクを取りながらコトコトと煮詰めます。

焦がさない様に注意しながら、ここからが長い。

ひとまずブログアップして、気長に火の番。
(^-^;