2017年12月14日木曜日

白バイガール 駅伝クライシス

佐藤青南。

白バイガールシリーズ第三弾。

残念ながら木乃美ではなく潤が先導役を務めることになった箱根駅伝復路。

潤の腕前を持ってすればこその全国白バイ安全運転競技会2位入賞の結果ではあるが、木乃美は自分の任務に専念する。

年末に発生した七里ガ浜海岸駐車場殺人事件の捜査協力依頼を受けた木乃美は、箱根駅伝1日目の未明に発生した誘拐事件の捜査にも巻き込まれていく。

次々と明らかになる事件の真相や白熱のチェイス。

木乃美の成長振りや仲間たちとの人間ドラマも物語の大事なポイントになっている。

3作とも書き下ろしの意欲作。
まとめ買いは大正解。
(^-^)

2017年12月10日日曜日

卒業制作

料理人を目指す三男坊の卒業制作作品の発表会が行われた。

忘年会明け、帰宅途中の松本駅前でかみさんにピックアップしてもらい学校へ。

和食を志す彼の献立はこんな感じ。

洋食は華やかさがあるけれど、繊細さを探求する和の技術を存分に表現できただろうか?

公式発表はこちら
http://www.matsumoto1-h.ed.jp/school-blog/report/8695.html

2017年12月9日土曜日

白バイガール 幽霊ライダーを追え!

佐藤青南。

横浜赤レンガ倉庫にほど近い公園の一角で発見された刺殺体。

被害者の足元にはバイク乗りにとってお守りの意味があるといわれているガーディアン・ベルが残されていた。

かなり細かな細工が施された一点ものと思しきこのシルバーアクセサリーを見た川崎潤にはある思いが去来する。

白バイガール第二弾。
いい感じに進行してきた。次はどんな展開になるか。
(^^)

2017年12月6日水曜日

白バイガール

佐藤青南。

神奈川県警第一交通機動隊みなとみらい分駐所。

発展著しいみなとみらい地区の人口増加に対応すべく設置されたこの場所で、車重300キロを超えるCB1300Pを駆り、日夜交通取締りを行う小柄でぽっちゃり体型、齢23歳の本田木乃美。

箱根駅伝の先導をする白バイに憧れて警察官になったという木乃美。

ある日、ストイックな仕事振りの同僚、川崎潤が追跡したGSX750Eが暴走の上事故を起こし運転していた少女は死亡する。

一方、管内で頻発する強盗事件の捜査に強力していた木乃美は、亡くなった少女の異常な行動の端緒を掴む。

一気読み必死の警察青春小説。
はっきり言って面白い。
(´▽`)

2017年12月5日火曜日

白バイガールまとめ買い

佐藤青南。

ブックオフで物色中に発見。
通勤バスの楽しみに3冊まとめてお買い上げ!

消防女子シリーズで好感度の高い作者だけに期待も増し増しで。
(≧▽≦)

2017年12月1日金曜日

警視庁公安部・青山望 聖域侵犯

濱嘉之。

青山シリーズ第8弾。

伊勢志摩で開催される先進国首脳会議。

サミット開催を間近に控え厳戒警備が敷かれた開催地である志摩半島南部の英虞湾で、関西系ヤクザの手口によく似た遺棄死体が上がる。

特命により三重県入りした青山は反社会的勢力の動向を追いつつ、パナマ文書の流出によるチャイニーズ、ロシアンマフィアの動きにも目を光らせる。

中国で深刻な問題とされる空気、水、土の汚染。
これにからむ汚職も視野に同期カルテットが走り出す。

既定路線ではあるが、彼らの活躍ぶりが頼もしい。
(^^)

2017年11月28日火曜日

We Are

明日発売、Aldious New Album!

帰宅途中のTSUTAYAでフライングゲット!!

リノ嬢の生写真か特典でついてきた。
(^-^)

2017年11月27日月曜日

156リペア

156のサイドスカートのカバー。

リア側のジャッキポイントにアクセスするためのものなので、タイヤ交換の度に取り外すのだが、はめ込み部分の固定箇所に経年劣化による割れが生じていた。

以前はプラパテを盛っていたのだが、数年が経過しこれも取れてしまったので、今回は極薄のアルミ版を切り出し固定部分を丸ごと補強してみた。

まずは固定部分のサイズを測り、CADで展開図を起こす。

これをアルミ版に貼り付け、その上からカッターナイフで切り出す。

要所を折り曲げ形を整えたら強力接着剤で固定。

ちなみに極薄アルミ版はアサヒスーパードライのアルミ缶がその正体。

接着剤が固まって一体化した感じはそれなりに強度がでているみたい。 

しばらくこれで様子見とする。
(^-^)

2017年11月13日月曜日

警視庁公安部・青山望 機密漏洩

濱嘉之。

沖縄沖公海上で150キロのガンコロが略奪され、現場となった改造漁船は5人の射殺遺体を載せ、長崎県北部の島に漂着した。

遺留指紋からチャイニーズマフィアの線が浮上し、チヨダの理事官は青山望にその情報収集を依頼する。

現在、それぞれの持ち場で課長を務める同期カルテットはこの特命に呼応し、中国の危機的環境破壊に端を発する政財界、警察を巻き込んだ日本企業の情報流出事件の全容解明に走り出す。

まあ、期待どおりの展開なんだけれど、次の活躍ぶりを読みたくなる。
(^^)

2017年11月12日日曜日

りんご収穫

例年より1週間早く、本日12人がかりでフジを収穫。