2018年7月12日木曜日

隠蔽捜査7 棲月

今野敏。

竜崎伸也シリーズ、本編的には第七弾。

鉄道会社のシステムダウンに続いて発生した銀行のシステム障害。

同じ時、平和の森公園で発見された札付きのギャンググループリーダーのリンチ殺人遺体。

竜崎の原理原則に基づく的確な指示により大森署の捜査員たちは事件の端緒を捕らえ始める。

そんな竜崎にも異動内示が言い渡され、すっかり馴染んだ大森署からの転出が迫る。

予定調和で安心して読める。

竜崎のネクストステージにも期待。
(^o^)

2018年7月9日月曜日

スパイダーモア

それなりに使い込んだ草刈り機2台の調子が悪くて草刈りにならないので整備に出したのだが、待ってもいられないので、同型機2台を注文。

半日と待たずに納車されてきた。

不具合の出る操作部は若干の改良が施されていたので、どれほど改良されているか期待。
(^_^;)

2018年7月8日日曜日

シシリアンルージュ

リコピン8倍、グルタミン酸3倍の調理用トマトの雄。

少しずつですが収穫が始まりました。

近くのスーパーの地場産コーナーにて販売中。

星星の火2

福田和代。

シリーズ第二弾。

妻と別居し男手一つで一人娘を育てるため、刑事から中国語の通訳捜査官として通訳センター勤務を選んだ城。

警視庁保安課の上月とは官舎の隣同士でもあり、共に事件を追う仲間であった。

高校生売春を摘発した上月のチームは、中国人による新たな売春組織を追うことになり、「赤い虎」という謎の言葉を耳にする。

日本に増え続ける中国人。
言葉の壁や制限される仕事に悩む彼らは、日本の法律に縛られず自分たちの世界を作り出そうとする。

同じ街に暮らしているのに、あたかも別々のレイヤーに存在するようにお互いを感知しない日本人と中国人という切り口はなかなか新鮮。
(^^)

2018年7月2日月曜日

シシリアンルージュその後

ソバージュ栽培の方法に即して脇芽もどんどん伸ばしているので、結構わさわさに。

第一果房には色付き始めた実がチラホラと。
(^-^*)

浮遊

高嶋哲夫。

K大学医学部脳神経外科の研究室で脳だけを生命維持する研究を進めていた優秀な外科医、本郷秀雄。

恋人で産婦人科医の秋子とのドライブ中、不慮の事故により瀕死の重傷を負った彼は、仲間の医者たちの懸命の処置により脳だけで生き続けることになる。

意識があり物事を考えることはできる秀雄だったが、意志を表現することができない。

こんな状態で生き続けることが幸せなのか、自問自答の答えは見つかるのか。

フィクションだけどなかなか深い。
(^-^;)

2018年6月28日木曜日

変幻

今野敏。

同期シリーズ第三弾にして完結編。

警視庁捜査一課殺人犯捜査第五係の宇田川、公安総務課を懲戒免職になった蘇我、刑事部捜査一課特殊犯捜査係のお嬢こと大石陽子は初任科の同期の中でも馬が合う仲だった。

ある日、お嬢は仲間達を食事に誘い、しばらく会えなくなると告げる。

宇田川はその後に発生した殺人事件の捜査本部に詰めることになり、遺体が発見された付近の防犯カメラ映像にお嬢の姿を見つける。

本店と所轄、厚生労働省と警視庁との軋轢なども散りばめられ、今野らしいストーリーが展開。

今後の活躍も期待大なのに完結編とは惜しい。
(^_^;)

2018年6月24日日曜日

小麦収穫

今年の麦刈り3日目。

本日は乾燥施設が一杯になってしまったのでこれにて終了。

明日半日やれば全て終わりの予定。

2018年6月23日土曜日

バタフライ

5年間眠らせていたZRXを引っ張り出した。

洗車したり、バラせるところは手を入れたが、やっぱりキャブレター内はしっかり整備が必要で、近所のバイク屋さんでバラしてもらうことに。

仕上がってくるまで手持ち無沙汰なので、カッティングシートでバタフライを自作。
ヘルメットに貼り付けてみた。

グレーにブラックはほぼ目立たない。(笑)
(^_^;)

2018年6月20日水曜日

新宿ナイチンゲール

5年間も漫画喫茶で生活を続ける桑原ひまりは、看護師の資格をいかし訪問介護の派遣で得られる収入で暮らしていた。

ある医療ミスを発端とし病院を逃げ出したひまりは、訳ありの元ナース花崎の取り仕切るナース派遣の仕事が性分に合っていたのだが、ある訪問先で元の職場の上司と鉢合わせする羽目に。

時代といえばそれまでだが、ネットカフェ難民て意外と多いのかも。

現役ナースである著者、初めて読んでみたが細かい描写なんかは流石。
(^^)