2018年2月22日木曜日

政略結婚

高殿円。

不思議な縁(えにし)でつながる、三つの時代を生き抜いた三人の女性たち。
聡明さとしなやかさを兼ね備え、自然体で激動の時代を生き抜く彼女らを三部構成でドラマチックに描き出した壮大な大河ロマン!

てんさいの君、プリンセス・クタニ、華族女優の3部作。

「そういう時代であった。」
有無をいわさぬこの説明に納得。
(^^)

2018年2月18日日曜日

空に咲く恋

福田和代。

老舗の煙火会社の長男である三輪由紀はイケメンでありながら極度の女性アレルギーを持つ。

この悩みが原因で独り放浪の旅に出た由紀は新潟県長岡市山古志村に住み着き、周りの人たちに助けられながら日々をすごしていた。

ある日長岡の花火店の跡取り娘ぼたんと出会った由紀は、ぼたんにはアレルギーが出ない事に気づく。

由紀の成長振りや花火師同士の三角関係など、福田流ラブコメ満載の一作。
(^-^)

増山超能力師大戦争

誉田哲也。

増山超能力師事務所シリーズ第2弾。

一級超能力師で増山超能力師事務所所長、日本超能力師協会東京支部城北ブロック長を務める増山圭太郎。

訳ありの超能力者である妻、文乃と一人娘のアリスとの生活を送りながら、事務所のナンバー2、悦子とは長らく愛人関係にある。

あれ?前作はこんなシリアスな内容だったかな、と感じたが、今回の話は全編にわたりハードな内容。

このあたりは誉田作品なんだと痛感。

この続きは期待度が大。
(^o^)

鹿肉

獣医師の免許を持つ元上司から素晴らしい精肉具合の鹿肉を頂いた。

早速解凍し常温に戻したらオリーブオイルとバターでじっくり20分ほどアロゼ。

この時、ジュージュー言わせないように弱火で油を回し掛けし続けるのが柔らかく仕上げるコツ。

金串で中の温度を確認したら、火から下ろしアルミホイルに包んでしばらく寝かせる。

肉が落ち着いたところで厚めにスライスしてみると、中はミディアムとウェルダンの間くらい。

オニオンベースのステーキソースを簡単に作って完成。

鹿肉は筋が多いのがたまに傷なのだが、解剖が得意だった上司が見えないところの筋まできっちり外してくれていたようでおいしく頂けた。
(*'▽'*)

2018年2月15日木曜日

S&S探偵事務所 最終兵器は女王様

福田和代。

全然気がつかなかったのだが、サイバー・コマンドーからの続きとなる本作。

最新作だけに、帯からの紹介でご勘弁。

第一次世界サイバー戦争を回避させた功労者であるはずの二人。元防衛省サイバー防衛隊の出原しのぶと元警視庁サイバー捜査員のスモモこと東條桃花は、起訴こそ免れたものの、違法性を問われ、職場を去るしかなかった。
その二人が転職したのはなんとIT探偵。
超一流のハッカーとの自負があったものの、持ち込まれるのは浮気調査や迷い犬捜しなど非ITのものばかり。
二人の愛称から「S&S IT探偵事務所」と名付けた事務所名も「Sアンドシット」と呼ばれる始末。

それでもコツコツ、厄介な案件と格闘するうちに 闇に設けられていた二十年前のある重大事件が再び動き出し…


プロット最高、映像化するなら誰をキャスティングする?
クールビューティーと2・5次元の美女ってなかなかいないでしょ。(´・ω・`)

2018年2月8日木曜日

祈りの幕が下りる時(再読)

東野圭吾。

映画化にあたり再読。
http://marbletk.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html?m=0

いやぁ、やっぱりいいでしょ。
映像化作品も観てみたい。

加賀恭一郎シリーズ最期のストーリーと言われているが、marble的にはもう一歩踏み出して、加賀と登紀子の未来を綴ってもらいたいね。
(^^)

2018年1月26日金曜日

日本の田舎は宝の山

曽根原久司。

仕事の関係で情報収集。

2018年1月14日日曜日

デビュー

今野敏。

17歳でカリフォルニア大学バークレー校を卒業し、19歳の時には理論物理学と哲学の修士号を取った天才少女にして現役アイドルの高梨美和子。

その素性を隠してトップアイドルへと登り詰める彼女を支えるのは、マネージャーの岡田、作曲家の井上、スタントマンの長谷部、そして彼らが夜な夜な集う六本木の裏通りにある老舗ジャズバー、ゼータのマスターの禅田たち。

虚栄にまみれた芸能界で起こる数々の事件に立ち向かう美和子たちの活躍を描く短編7作品。

今野としてはかなりの異色作であり、元々は25年も前の刊行ではあるが、勧善懲悪の爽快感は如何にも今野的。
(^^)

2018年1月10日水曜日

ノーマンズランド

誉田哲也。

姫川玲子シリーズ。
新刊のため、オフィシャルな部分から引用。

またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。

心機一転、捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう。

有力な被疑者がすでに別の所轄に逮捕されており、情報が流れてこないのだ。

玲子は、あらゆる伝手をたどり、事件の全体像を探りはじめるが……。

「ここは、地獄か?」「ああ……地獄だ」
幾重にも隠蔽された事件の背後には、絶望的な捜索を続けている、孤独な背中があった。


「No Man's Land」
軍事的には、敵味方両軍が対峙してこう着状態にある塹壕のあいだを言い、どの勢力からも占有されていない土地のことで、無人地帯、中間地帯ともいう。

他にも、何人も立ち入ってはいけない場所の意味で使われることもあるらしい。

ストーリー的には、この後者の方がしっくりくるのかも。

新たな登場人物も増え、益々目が離せない。
(^o^)

2018年1月2日火曜日

御柱建立

平成2年に復活した横澤地区の年中行事。

平成27年には重要無形民族文化財の指定を受けた。

事故もなく無事に建立が終わり、慰労会で一杯。
(*'▽'*)