2011年12月1日木曜日

どちらかが彼女を殺した

東野圭吾。
3年ほど前に一度読んだが、イマイチすっきりしていなかった。
犯人が分からなかった事が、その原因だった。
ふと思い出して本棚を漁り再度読み直してみた。
今回は、比較的時間をかけて読んでみたのだが…(-.-;)
う〜ん(-"-;)
そうとも言えるし、そうじゃないとも思えるし、ホントは自殺だったのでは?
と、やはりすっきりしない結果になってしまった。(ToT)

1 件のコメント:

緋真 さんのコメント...

それはなかなか複雑な話だと聞いています。
読むのに疲れが溜まる、という口コミも多々。
一度は読んでみたいけど、○○な事情があるので、なかなか読めずじまい。
やっと『卒業』を一週間弱で読み終えました。加賀恭一郎洗い直しで第六の事件まで読もうかと。その中にそれは含まれるでしょうか??
まー、読書に時間を割くことはなかなかできませんがね。